装着後の異常

コンタクトレンズは直接目に入れる形で使用するので、取り付けたり外したりするときに、何かしらの問題が起きることがあります。正しい使い方をしていれば、トラブルが起きる可能性を可能な限り引き下げることが出来ますが、それでも万が一のこともありえるので、コンタクトレンズを使用したときになんらかの異常が出たときは、どう対処すればよいか学んでおきましょう。

コンタクトレンズを入れた際、何らかの違和感を感じたときは、少しの間様子を見て下さい。特にコンタクトレンズを使い始めのころは、目にレンズが入った状態に慣れていない分、余計に強く違和感を感じてしまいますが、ソフトレンズなら少し待てば十分馴染みますし、ハードレンズでも数日使っていればそれほど違和感を感じなくなるでしょう。

目に明確な痛みなどが出たときは、無理せずに取り外してください。入れる際に失敗してコンタクトレンズがずれていることもありますが、その際は涙で目とレンズの間に隙間が出来れば位置調整が勝手に行われることもあるので、場合によっては何度か瞬きをしていれば痛みが解消されることもあります。ずれなどもなく、何度も入れているのに違和感や痛みが出るという方は、目に何らかの異常が出ている可能性もあるので、コンタクトレンズは入れずに、なるべく早く病院で診てもらいましょう。フォーチュンコンタクト