痛みが無い入れ方

コンタクトレンズは目に直接入れることで視力を矯正します。使ってみると便利なものではあるのですが、直接レンズを入れるとなると、強い痛みを感じそうに思える方も多いのではないでしょうか。確かに目の中でずれてしまったり、ミスによって目を傷つけてしまうこともあるので、初めてコンタクトレンズを使うという方は、痛みの無い入れ方を前もって学んでおきましょう。

コンタクトレンズを目に入れる際は、水分を活用することが重要です。コンタクトレンズは保護用の液体に入れながら保管しますが、人間の目も常に涙をまとっていることから、水をまとった双方がくっつくと、お互いの水分によって吸着しあい、さほど力を入れなくてもコンタクトレンズを入れることができます。この方法なら痛みを殆ど感じないので、慎重に作業すれば大丈夫です。

痛みを更に減らしたいときは、コンタクトレンズの種類にも気を配りましょう。一般的にはハードレンズよりもソフトレンズのほうが、目に入れたときの違和感が少なく、痛みも出にくいといわれています。人によってはハードレンズのほうが相性が良い場合もあるので、自分に合うレンズの種類を知るためにも、一度眼科に行って、自分の目の状態を正しく学んでおきましょう。