定期的に外すように

コンタクトレンズは目に直接入れるため、視力が落ちている方でも、裸眼と同じように生活することが出来ます。激しく動いても眼鏡のようにずれたり落ちたりすることも少なく、邪魔になることは無いので、非常に快適に過ごせるようになりますが、だからといって着けっぱなしにしていると大変なことになります。

コンタクトレンズは、どの製品も装着時間が明記されています。コンタクトレンズは目に直接くっつけるように使用するので、本来なら目を覆うはずの涙を防ぎ、角膜に送られる酸素の量を減らしてしまいます。そのことが原因でドライアイになったり、雑菌が増えやすくなってしまうので、長時間入れていると、目を傷つけたり病気を引き起こす可能性が出てきます。少しでも健康な目を守るためにも、コンタクトレンズの長時間の使用には注意が必要です。

もしコンタクトレンズを着けっぱなしにしてしまうと、角膜とコンタクトレンズが完全に癒着してしまいます。そうなったら、コンタクトレンズを外すと同時に角膜が破れてしまい、深刻な視力障害に陥る可能性も出てきます。その場合治療も難しく、下手をすると視力を失いかねないので、コンタクトレンズを使用する際は、正しい使い方を予め学ぶようにしましょう。フォーチュンコンタクト