痛いのが怖い方は

コンタクトレンズは直接目に入れる都合上、どうしてもレンズをまぶたの中に入れる必要がありますが、この作業が怖くてどうしてもコンタクトレンズが使えないという方もいるのではないでしょうか。確かに慣れないうちはこの作業が怖いと思うでしょうが、ちゃんとやり方さえ覚えれば、痛みもなく、落ち着いて作業できるようになるので、まずはコンタクトレンズの正しい入れ方を学んでください。

目に直接触れるのが怖いという方は、まず目に直接触れても激しい痛みは出ないということを知っておきましょう。もちろん激しく触れたり、爪などの固い部位が触れるようなら、目も傷ついてしまうでしょうが、コンタクトレンズ越しで、優しく触れるようなら痛みはほとんどありません。恐怖の余り、反射的にまぶたを閉じてしまうと、コンタクトレンズが変なところに入って痛みが出ることもあるので、まずは落ち着いてコンタクトレンズが急に入らないようにしましょう。

コンタクトレンズを入れる際の痛みは、目に刺激を与えない入れ方を心がければまず問題ありません。とはいえ、目の病気になってしまったときは、コンタクトレンズを入れることで、更に痛みが増すなど病気の症状が悪化する可能性があるので、コンタクトレンズを入れる辞典で目に異常があると感じたときは、コンタクトレンズを使わずに病気の治療を最優先に行うようにしてください。フォーチュンコンタクト